騎手になるためにはインストラクターになるためには牧場スタッフになるためには


きゅう務員になるためには




 競走馬の世話をするきゅう務員として活躍する場は、JRA (日本中央競馬会)、NAR(地方競馬)の2通りがあります。条件がまったく異なりますので、早めの準備が大切です。
 JRAのきゅう務員になるには、競馬学校に入学して卒業することが必要です。入学に際しては、年齢28歳未満、牧場経験および乗馬経験の合計が2年以上など、応募資格にさまざまな条件があります。
 入学試験突破には、騎乗技術のほかにも馬の体調管理に必要な知識、経験が要求されます。さらに卒業後、(社)日本調教師会による採用試験に合格する必要があります。
 一方、NARのきゅう務員になるには、試験等はありません。










きゅう務員への夢を叶えるためには?
JRA競馬学校での教育期間は原則6カ月ですが、騎乗技術が優秀と認められた場合は短縮されることがあります。
NARでは、人脈などがキーとなるため、在学中にインターンシップなどを積極的に活用しましょう。

アニベジ生動画公開中!
Interview Movie
先輩達の声が動画で観られます