1. ホーム
  2. 学校紹介
  3. 乗馬インストラクターになるためには

「馬のプロ」には、さまざまなフィールドがあります。
本校卒業後に広がる、それぞれの未来への道を紹介します。

未来への道 乗馬インストラクターになるためには

未来への道
競馬騎手になるためには
きゅう務員になるためには
乗馬インストラクターになるためには
牧場スタッフになるためには

乗馬インストラクターになるためには

安全に馬に乗る技術を指導したり、乗馬を楽しむアドバイスをするのが乗馬インストラクター。複数の団体がライセンス認定を行っており、ライセンス取得が信頼にもつながります。

乗馬インストラクターになるためには

国内では複数の団体が乗馬インストラクターのライセンス認定を行っていますが、(社)全国乗馬倶楽部振興協会では「乗馬指導資格」の初級〜上級までの養成講習会と認定試験を実施しています。ブリティッシュ、ウエスタンの部門があり、初級・中級・上級と区分されています。まず初級から受験する必要があり、満20歳以上で3年以上の乗馬経験を持ち、受験前に講習会の受講が義務づけられています。

乗馬インストラクター

乗馬インストラクター

POINT

乗馬インストラクターには、騎乗技術だけでなく、指導技術、馬学、調教技術、飼育管理、健康管理などに関する知識も不可欠です。(社)全国乗馬倶楽部振興協会の資格認定試験の筆記試験では、獣医学、指導方法など幅広い分野の知識が要求されます。また、面接では自分の指導方針を明確に伝え、言葉づかいや身だしなみにも注意することが必要です。本校での学びの一つひとつを着実に自分のものにしておきましょう。

ほかに、(社)日本馬術連盟、(財)日本体育協会などでも資格を認定しています。

Top