1. ホーム
  2. 学校紹介
  3. 競馬騎手になるためには

「馬のプロ」には、さまざまなフィールドがあります。
本校卒業後に広がる、それぞれの未来への道を紹介します。

競馬騎手になるためには

JRA(日本中央競馬会)、NAR(地方競馬)、いずれも騎手免許試験に合格することが必須で、JRAは競馬学校、JARは地方競馬教養センターで学びます。

競馬騎手になるためには

競馬騎手への第一歩は、競馬学校(JRA)、地方競馬教養センター(NAR)の試験に合格することからはじまります。JRAは3年間、NARは2年間の養成期間を経た後、騎手免許試験にパスして免許が与えられ、騎手としてデビューを迎えます。競馬学校、教養センターの受験には、技術だけでなく、年齢や体重の制限、健康状態などの条件があります。

JRA騎手

JRA騎手

NAR騎手

NAR騎手

POINT

競馬学校、地方競馬教養センターともに競争率が高く、ハイレベルな騎乗技術はもちろんのこと、筆記試験や面接などへの対策は欠かせません。

オーストラリアなどの海外では騎手受験に年齢制限がない国もあります。海外で騎手をめざすという道もあります。

Top