1. ホーム
  2. 学校紹介
  3. オーストラリア留学制度

オーストラリア留学制度 最高水準の騎乗技術を、ホースマンイングリッシュとともに

校外実習・留学
オーストラリア留学制度
インターンシップ制度

オーストラリアの雄大な自然の中で、世界レベルの騎乗技術を。1年間以上就学した学生を対象に、希望者がオーストラリアに留学できる制度です。

言葉も文化も違う外国で馬の技術を一から学ぶには不安もたくさんあると思いますが、本制度では特別講習でホースマンイングリッシュを、日頃のカリキュラムで騎乗技術を日本でしっかりと身につけてから留学しますので、安心して参加できます。騎乗技術を磨くだけでなく、日常英会話なども自然に身に付きます。

留学内容は希望により競走馬関連、乗馬関連とありますが、特に競走馬関連の留学では調教師の下に配属され、トラックライダーや騎手になる道が拓かれています。免許を取得すれば、騎手として活躍する事も可能ですし、トラックライダーとして調教をつける事も可能になり相応な収入も得る事が出来ます。

シドニーのペッパーツリーエクエストリアンステーブルを中心に、マーティー・マクナーニーや、トップジョッキーのジム・キャシディーなど、オーストラリア最高水準の騎乗技術を習得出来るのも、本校の留学制度ならでは。マーティー・マクナーニーは特別講師としてよく来校していますので、日本にいながら留学の話を聞いたうえで、納得して参加する事が可能です。

研修内容

1カ月留学
馬術はもちろん、オーストラリアを実体験したい方にお勧めです。
騎乗技術の向上を目指すとともに、文化交流や日常英会話、ホースマンイングリッシュも必然的に上達します。
2カ月留学
留学制度を利用して障害馬術、馬場馬術、競走馬術の中より希望する専門分野の技術向上を目指す方にお勧めです。
また、最初の1カ月は障害馬術、次の1カ月は競走馬術と選択も出来ます。
3カ月留学
確かな技術の向上を目指し、留学に参加してみたい方へお勧めです。
競走馬術希望者は、トラックライダーとして活躍出来る程度までの内容となっています。
1カ月から3カ月の短期留学終了者は、1年間の留学へ再度参加する事が出来ます。
1年留学
オーストラリアでの騎手免許、トラックライダー免許取得を目指す方にお勧めです。
留学終了後、日本へ戻って技術を生かす事も出来ますし、オーストラリアで就職する事も可能です。
1年間の留学に参加し、見習い騎手やトラックライダーとして活躍している卒業生もいます。

留学要綱

3カ月留学 募集要項

対象 本校で1年以上就学した者
又は、それと同等の技術を身につけたと認められる者
参加費用 24万円(税込)
※学校が留学費用を一部負担することで実現できた特別料金です。
※授業料・実習施設使用料・空港−学校の往復送迎代・休日のレクリエーション費用等を含みます。
※2ヵ月留学の場合18万円(税込) 1ヵ月留学の場合12万円(税込)となります。
滞在費用 無料(入寮者は、本校の寮費を充当します)
※未入寮者は、1ヵ月6万円の滞在費が必要です。
航空運賃 実費(留学者個人負担)
※季節、航空会社により異なります。
英語講習 ホースマンイングリッシュ講習
※全10〜15回・各受講生の習得状況に応じて決定します

Top